会員専用ページ
e-TAX
税の役割と税務署の仕事
相続税・贈与税・事業承継税制関連情報

研修委員会

委員長あいさつ

【研修委員会】  委員長 園田 将章

 この度、近畿税理士会門真支部研修委員会の委員長を仰せつかりました園田将章でございます。
 研修委員会の主たる事業内容は、①会員の資質向上並びに業務の合理化に資するため実務、税法、教養等に関する研修会を開催すること、②会員の義務規定である「1事業年度36時間」の受講を達成するために門真支部における研修会の時間を増やすこと、③研修時間36時間達成者の表敬(氏名公表)を引き続き行い門真支部における受講達成率を向上させること、④近畿税理士会本会にあるビデオライブラリーを積極的に活用するように支部会員に案内すること、であります。
 研修委員会では、近畿税理士会規定により門真支部会員の皆様に課せられました「研修義務化」「研修時間公表化」(予定)に対応し、税理士法第1条に規定された「納税義務者の信頼にこたえ」られる門真支部会員であるための支援活動を行って参る所存でございます。
 が、もとより浅学菲才の身でございます。また元来の怠惰な性格にどう折り合いを付ければよいのかと悩むところでございますが、父の代からすれば30余年お世話になりました門真支部への最後の御奉公として、責務の全うに全力を傾注致す所存でございますので、何卒ご指導ご鞭撻ご協力の程宜しくお願い致します。 

業務内容

研修委員会では、税制改正や実務に有用な各種研修の企画・運営を行っております。
繁忙期を除く時期に、月1回を目処に年6~7回の門真支部主催の研修を開催しております。
また、合同研修会として近畿税理士会大阪府第一支部連合会や城北4支部と協力して研修会も営んでおります。
業務内容の目的としては、門真支部主催の研修会を設けることにより、研修時間の達成はもちろんのこと会員の資質の向上にも努めております。

研修委員会の活動状況

研修委員会では、定期的に研修委員会を開催しております。
そこでは、講師やテーマ、場所などの選定、研修会の運営などについて会議を重ねております。また、研修会後に回収しているアンケートも、担当者が確実に集計をして、次回の研修会運営のための貴重な資料として活用しております。 

よくある質問

Q.全ての研修記録を記入して、提出しなければならないのですか。

A.研修会の受付においてバーコードにより「研修受講記録管理支援システム」に記録されている場合は、既にデータが本会にありますので提出する必要はありません。本会のデータが正しいかどうかは、下記の本会研修申込みサイトで、各自の研修時間を確認してください。また、紙ベースだけでなく、Webサイトから研修受講の報告ができますので提出をお願いします。
 (近畿税理士会研修申込みサイト)  https://member.kinzei.or.jp/kensyu/kmLogin.aspx ※飛び先は研修申し込みサイトですが、ID/PWが必要です。


Q.特別な研修時間のカウント方法を教えてください。

A.本会や支部などから要請のあった研修会(税法研修や簿記教室も含)や租税教室などにおいて、講師を務めた税理士は研修時間が「講義時間×3倍」にカウントされます。また病気療養等により研修を受けることができない税理士は届出により研修時間を一部または全部を免除することができます。詳細に関しては、近畿税理士会研修規則をご参考ください。 


研修規則

税理士法第39条の2では税理士に研修の受講義務が課されており、本研修規則第7条において「一事業年度に36時間以上の研修を受講するよう努めなければならない」と規定されております。また税理士は、毎年4月1日~3月31日の研修時間の記録を「研修の受講記録 兼 受講時間認定の届出書」を近畿税理士会(以下、本会とよぶ)に提出することになっております。